作業服のイメージ

地味なものからオシャレになった

洋服を選ぶときはできるだけオシャレなものを選びたいでしょう。派手な色のものであったり、好きなデザインのものを選ぶかもしれません。しかし仕事をするときの作業着は会社から支給されたり貸与されるので、必ずしも自分の好みのものを選べるわけではありません。昔の作業服といえばグレーやブルーなど地味な配色のものが多く、デザインもよく似たものばかりでした。このようなことから、作業服が嫌でその会社への就職を敬遠したり退職したりする人もいたようです。今は一般の洋服のような派手な色のものやおしゃれなデザインのものが多くなってきました。会社によっては複数のデザインから選べたりもして、作業服がいいからと入社を希望する人もいるようです。

汚れ防止のみから機能アップ

工場や建設現場などでは作業中に汚れがつきやすいです。私服などで作業をすると汚れが落ちないため、仕方なく汚れてもいいように作業服を着る人もいたかもしれません。昔の作業服の役割としては汚れ防止がメインで、それ以外の機能はあまりついていませんでした。今の作業服は作業の種類に応じて多様な機能が付いています。屋外作業であれば暑い中で作業しないといけないので、涼しくなる機能などが搭載されています。電気などを扱う作業においては危険防止のための機能が作業着の表面に付加されていて、より安全に作業ができるようになりました。昔は同じものが色々な業種で使われていましたが、今は業種や作業別に必要な機能が付けられていて、作業に合った作業服が選べるようになっています。

仕事ではさまざまな職種があるため、そこで使われる作業の種類も相当な数にのぼります。作業服の通販では業務用の注文にも対応しており、気軽に取り揃えることが可能なのです。

© Copyright Work Clothing For All Industries. All Rights Reserved.