作業服は何のために作られたのか

身分社会における服装の意味と作業服の関係

近世以前の社会は厳格な身分制度が存在していました。また、識字率が低かったこともあり、異なる身分の人どうしが誤って接触してトラブルに発展することもありました。そのような社会では相手が何者であるかが瞬時に判別出来ることが重要視されたため、特定の階級や職業に就いている人だけが着る衣類が生まれました。初期の作業服は身分を示す制服としての意味合いが強いのが特徴でしたが、時代が進むにつれて身分よりも職業を特定する目的で作業服が普及するようになりました。価値観の変化も手伝い、作業服は様々な仕事に従事する人が着るようになり、身分や職業を特定する手段としての用途は喪失するに至りました。現在では汚れやすい作業に従事する人であれば誰でも作業服を着るのが当たり前になっています。

作業服に使われる生地の材質について

初期の作業服は身分を示す制服として用いられたこともあり、材質は他の衣類と同じか、あるいは質の低い物が使われていました。その一方で熱や水濡れによる生地の傷みを防ぐため、油脂によるコーティングを施すこともありました。時代が進んで労働の際に作業服を着る認識が定着したことによって、現在の主流である頑丈な生地で作られた作業服が普及するに至った次第です。また、仕事の細分化に伴い、防塵や絶縁などの加工が施された生地を使った作業服も普及しました。そのため、作業環境に最適な材質の一着を選べるようになりましたが、その一方で専門性が高い作業服は高額な物が多く、材質によっては家庭での洗濯が出来ない物もあることから購入の際は注意が必要です。

作業着とは、取り掛かる作業にあたり、それに適した服装のことです。つまり、飲食業におけるユニフォームや医者の白衣も広義では同じ意味となります。

© Copyright Work Clothing For All Industries. All Rights Reserved.